三菱東京ufjカードローン

個人信用情報の内容

カードローンやクレジットカードの申し込みをすると、個人信用情報機関にその内容が記録されます。
自分の知らないところで、勝手に情報が登録されるのはあまりいい気持ちはしませんが、この情報はその人の信用に関しての情報なので、借り入れやクレジットカードの場合は必ず必要になります。
個人信用情報に登録されるのはカードローンなどの借り入れに関する情報のみなので、自分の全ての情報が知らない誰かにのぞき見されるわけではありません。

 

個人信用情報の内容としては、カードローンの申し込みをした時の住所や生年月日、勤務先なども含まれますが、メインとなるのは取引内容です。
何時、どこの業者に申し込みをして、いくら借り入れをしたか?
借り入れがあった場合は、返済期日までにきちんと返済をしているか?
基本的にはこのような内容になりますが、1回でも返済に遅れた場合はその事も全て記録に残ります。
1回だけならいいだろうと思うこともありますし、遅れても返さないと言っているわけではなく後で返せばいいじゃないかと思っても、これはその人の信用に関わってきます。

 

もしも何度も返済に遅れていたり、結局借りすぎて返済できず債務整理をすれば、その事も全て記録に残ります。
特に問題なければ数年で記録は消されますが、トラブルがあった場合は10年以上記録が残ることもあるので、新たな借り入れやクレジットカードの申し込みをしても審査で落とされる可能性があります。

 

 

三菱東京ufjカードローンを詳しく紹介しています。詳細はこちら