三菱東京ufjカードローン

返済が遅れる時の対処法

カードローンの利用をする場合は、月々決められた日までに返済するというルールがあります。
一括で返済する必要はなく、業者が定めた金額を毎月返済していくのが一般的です。
しかし中にはやむを得ない事情で、返済期日までに返済できない事もあります。
カードローンはとても便利なので、つい借りすぎてしまい返済が苦しくなるというケースも多くなっています。

 

しかしどんな事情があっても、ルールを守らなければペナルティが課せられます。
カードローンの場合は延滞損害金が発生しますので、遅れた日数分の延滞損害金を支払わなければいけません。
また返済期日までに返せない場合も、すぐに連絡を入れておきましょう。
連絡もなしでそのまま返済せずにいれば、当然業者も確認しますので電話がかかってくる事もあります。
遅れてしまってもいつまでに返済しますと、一言伝えておけば数日なら延滞損害金も大した金額ではないので、無理なく支払えます。
これを放置しておくと、家や会社にも催促や確認の電話がかかってきますし、最悪給料の差し押さえという可能性も出てきます。

 

もちろん業者との信用にも関わりますし、カードの利用を停止される可能性もあります。
もしもどうしても返済ができなくなってしまった場合は、自力では解決できないので、弁護士や司法書士に相談して債務整理を行います。
しかしこれは社会的な信用も大きく低下しますので、あまりお勧めできません。
きちんと計画を立てて無理なく返済できるよう、使い方も考えましょう。

 

 

三菱東京ufjカードローンを詳しく紹介しています。詳細はこちら